準のサウンドで分かる夏季の温度の秘匿を教えます

ちびっこ時期俺は夏になるとせみを捕って飼っていました。小学生6年生の時は、犬のゲージのような織に木を切ってきて据えて飼っていました。そういうちびっこ時期からの遊戯からせみの本音で時期を考えるようになりました。マキシマム最初に鳴き始めるのは『にいにいぜみ』だ。こういうせみでだいたい夏季が始まります。こういうせみが少し変わっていて夜になると街灯のそばの気でも鳴きます。いつかが朝方に鳴く『くまぜみ』と夕方に鳴く『あぶらぜみ』だ。こういうせみが鳴く時はちょうど夏休みの始まる時分のいわゆるミッドサマーの序の口だ。81箇月になると山間部の川沿いなどに行くと『みんみんぜみ』が鳴き始めます。こういう『みんみんぜみ』の本音を聞くと夏季の盛りになります。次に鳴くのが山間部に要る『ひぐらし』だ。丁度盆の時分くらいで、夏季も終わりに近付く時分だ。小学生時期こういう本音を聞くと何故か寂しくなった覚えがあります。そして最後に鳴くのが『つくつくぼうし』だ。もう夏休みもおわりだ。その時分に鳴きます。長い夏休みの完結を教える本音で、秋の序の口だ。
最近は宅地研究が進み、の場合内面部やちょっと近郊でもせみの本音を訊く機会が減ってある。公園の木のの場合内四方でもせみの幼虫の抜け殻も見えなくなってきました。
自然で聞こえる時期の変化に触る機会が減ってゆくように思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です