夏季の楽しみはやっぱりお催しや花火などのこと

今日年も夏場がやってきましたね!暑くて何をするのも不快になることもありますが、夏場といえばおイベントだ!
異性人間とだったり、親友、所帯とだったり、どなたと行ってもやっぱりあのイベント独特の雰囲気が俺は好きです。
地元のおイベントなんかだと親友や、しばらく会ってなかった人間に偶発出会えるのも心待ちの一種だ。
粗方まわって雰囲気を楽しんで、食べたいものを食べて、にぎやかなあの雰囲気を楽しみます。
疲れてきたら縁に寄って楽しそうにあるくいっぱいの人間たちを眺めながらプレゼンするのも明るいですよね。
打ち上げ花火がある場合は極上身分を探して点受け取りをすることもあります。
1年を通してそう何回も見渡せるものではありませんし、花火もまた夏場の風物詩ですよね。
大きな音色にびっくりしたり、次は如何なる花火が登るのかわくわくしたり、とても楽しませてくれる。
あの色とりどりの花火を作っている人間は凄いですよね。
花火のエンディングだったり、おイベントも終わって戻り出すうちにはなんだかさびしい意気込みになったりも決める。
でもいっぱいの人間でにぎわうおイベントに行くとなんだかそれだけで面白くなるし、気力をもらえる気がします。
親友とおイベントに行くと「若返った気がする-!」が口癖になります。笑
それでまた来年も来ようね!って宣誓をして、そうやって諳記に留まるおイベントが俺は大好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です