お気に入りだったマンガ。出来る事ならまた新種類放映してほしい

わたくしが大好きだった漫画について書こうとおもいます。
漫画の称号は「ノリノリ引き取り手」だ。

2013年間の漫画ではありますが、非常に見やすく、品性たちがとても素敵でした。
狸と天狗と人間うちの京都を演劇にした漫画だ。
虎の巻を書かれているのは本うち、森見登美彦ちゃんだ。

漫画に登場する品性について書いていきます。
主人間公は狸です下鴨矢三郎だ。彼氏は危険自由な狸で、かつて京都を決定づける狸の頭領であったパパ、下鴨総一郎の「面白きことは良き箇所なり。」という言葉を胸に、気ままな生活を送っていました。
矢三郎の教官は天狗の如意ヶ嶽薬師坊。ニックネーム赤玉教官だ。
その赤玉教官が一目惚れした、人間うちの鈴木聡美。彼氏は赤玉教官に拐われ天狗の方法を言いつけ込まれます。
そのため天狗よりも天狗らしきとおっしゃるまでになり、今では弁天と名乗り金曜倶楽部と呼ばれる会に参加している。

この他にも矢三郎の姉妹、奥さん、許嫁といった狸たちや、天狗や人間うちがでてきます。
みな両者気質があり見ていて飽きない漫画だ。

漫画には実際の京都が描かれてあり、五山送り火や南座、四条大橋など綺麗なシーンが見られます。

様々な魅力のある漫画となっています。
わたくしはあんなノリノリ引き取り手が大好きです。タップル誕生の口コミが知りたい。